2018年5月13日 (日)

築地の富士

Tsukiji1_2

所用があり銀座方面に出向く前に

築地本願寺にお参り、広々してお寺

とは思えないスケールです。

Tsukiji2

有翼の獅子も健在です。(もちろんですが)

しかし、この獅子真正面を向いているのでは

なく、若干外側に向けられています。

何か意味はあるのでしょうか。

今度、職員の方に聞いてみましょう。

レンズはRE-TOPCOR 25mmですが

フィルター径が特殊で通常の62mmは

装着できません。専用フードの中に

シリーズⅨ(9)のフィルターを挟む構造

となっています。又各種フィルターは

リアエレメントの前に取り付ける構造と

なっており9種類ほどのフィルターが

揃っていました。当時は各種フィルター

を付けての撮影が当たりまえに行われて

いた名残ですね。今となっては。

Tepouse1

改修されて全体が見えなかった鉄砲洲稲荷

神社(中央区)、広重の江戸百景にも描かれた

名所で本殿よこに、富士塚が残っておりましたが

改修中はシートで覆われ入れませんでしたが、

無事公開されていました。

7/1はお山開きを行うのでしょうか。

Tepouse2

道はありますが、危ないので登らない

ように立札が立っていました。風穴なども

あり本格的です。又富士塚めぐりもやりたく

なりました。

TOPCOR 25mm

Tepouse3

土台に富士をかたどった岩が組まれて

います。自然石か加工かはわかりません

が、富士塚も城壁のように野面(のづら)

積みなどの工法があるのでしょうか。

やはり、簡単に崩れない工夫はあるかと

思うのですが。

ちょっと登ってみたくなりました。

Tepouse4o

改修後の門前には、小ぶりな狛が

愛嬌のある雰囲気でお出迎えして

くれました、良く見えませんが子狛

も抱えており、この大きさと石質も

含めて、珍しいタイプです。

(年代不詳)

Zuiko 28-48mm

(これも余りみかけないレンズかな?)

| | コメント (0)

2018年5月 8日 (火)

ほうじょう記(GW最終)

Chiba1

GWの画像が残っていましたので

今更ながらアップいたします。

今回は房総方面ですが、GW中にも

かかわらず渋滞には巻き込まれません

でした。

宮醤油

http://www.s-shoyu.com/miya/index.html

Chiba2

燈籠坂大師のトンネル

http://www.city.futtsu.lg.jp/0000000606.html

Chiba3

夕方に到着したのは大多喜城

出迎えてくれたのは、戦国武将の甲冑シリーズ

全部わかる方は戦国通です!

左から

信玄、家康、井伊(直政)、真田(幸村)

本多忠勝(大多喜城城主)、山中鹿之助

井伊がイイですね。又本多はブラックペイント!

Chiba4

大多喜城天守からの眺め

Zeiss 21mm f2.8(ZM)

城撮りには重宝します。

Pla1

実は、念願のプラナーを手に入れました。

やっぱりうれしいです。

又、大事に使いたいと思いまして、たまたま

でていた、初期ロット、黒刻印を購入いたしました。

値段は特に通常のロットと変わりませんでした。

(イイネ!)

余り、最近は初期ロットや黒刻印とかこだわりは

ないのかもしれません。しかし、ついていた

CONTAXフィルターの刻印もJAPANだけ黒刻印

でした。良く写るレンズですので結果が?の場合

ウデのデキがスグわかるという事ですね。

(ビクビク、、、はしませんが結果はコワイ)

YASHICA CONTAZ Planar 50cm f1.4 AEG? 開放(CY)

Pla2

Yashica Contax Sonnar 85mm f2.8 (YC) W.G.

| | コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

ピンポイント

Botan1

GW中に見どころを毎年迎えるボタン

シャクヤク、今年はボタンは盛りが過ぎ

シャクヤクが見頃でした。

Xenon 5cm f1.5 (L:ダルマXenon)

Botan2

W.Nikkor 35mm f1.8(S)

Botan3w

GWしか開園しない山野草苑のキエビネ

今年は開花が早かったそうでギリギリ残って

いました。

W.Nikkor 35mm

Botan4_3

Botan5

今年は例年になく、ほとんどの花の

開花が早いようです。これからバラの

シーズンですが、早めの準備が必要そう

ですね。

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

参詣余話

Yori3_3

きばな藤

各地の神社参詣で目に留まった

狛犬たちの紹介。

Yori4

Yori5

(1700年代)終わり頃

Yori1_2

Yori2

備前焼き(年代不詳)

今年に入り、新宿の神社の狛犬の網が

とれました、こちらもはずされています。

たまたまでしょうか。

いたずらなどしないようにお願いします。

Yori7

Yori8

(1700年台)終わり頃

Yori10

Yori11

(1600年台)終わり頃

Yori12

昭和の日(4/29)

Ultron 50mm f1.8(Rollei QBM)

Voigtlander Nokton 35mm f1.4 (VM)

| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

ほうじょう記(りょうもう編)

Ashikaga1_3

一度は訪れてみたかった足利フラワー

パークに行ってきました。(4/22来訪)

朝7時から開園しており、9時頃に到着した

時には、臨時駐車場も埋まりつつあり大変

な人出でした。

朝一の訪問をお勧めします。

Ashikaga2

園内は丁度、藤とツツジが見頃

で一番人気のある時期で人を入れないでの

撮影でひと苦労しました、、、。

Ashikaga3

観光客で賑わう、うす紅藤橋。

Kanayama2

午後は群馬大田の金山城まで一旦

もどるような形になりました。

駐車場からは、金山城本丸を目指して

道が続いています。見事な大手虎口。

Kanayama1

途中の見晴台から館林方面を眺める。

Kanayama3

城内には、月の池と日の池の二つの水場が

あり、高所での水を確保していたようです。

金山城(群馬:大田市)

M-HEXANON 21-35mm (M)

Karasawa2

帰路は佐野方面の唐沢山城へ

夕方ぎりぎりに到着しゆっくりみれませんでしたが

眺望も良く又訪れたいです。。

Karasawayama1_2

唐沢山城(栃木:佐野市)

| | コメント (0)

ほうじょう記(その1)

Sugiyama1

GWに入りましたが、画像がたまって

コメントも忘れそうになるので、ようやく

アップにかかりました。

今年は花の見頃がどこも早かった

ようでしたが、ツツジが鮮やかでした。

杉山城(埼玉:嵐山町)

Sugiyama2

山城からの眺め

くねくねと曲がった堀に囲まれた

数多くの郭で構成された配置は

関東の戦国山城の傑作と名高い

そうです。

FUJI X-10

Sugayasi1_2

嵐山町にもう一つある続100名城

菅谷城、天気にも恵まれ郭跡の風

も大変気持ち良かったです。

Sugayasi2_2

空堀のまわりを歩くだけで

当時の規模がわかり、思わず駆け下りて

登り返したくなるような堀でした。

菅谷城(嵐山町)

Ranzan1

嵐山町役場前のハナミズキ

RIKENON ASPH. 28mm f3.5(K)

Oshi1

落ちない城の忍(おし)城の当時の

石垣の石。豊臣軍の石田三成の水攻め

でも陥落しなかった為、落ちない城

として今は(受験などに)落ちない

お守りが売られているそうです。

小説、映画「のぼうの城」はこの城の話です。

忍城(埼玉:行田市)

Minowa1

初日の最後は、箕輪城

武田、上杉、北条の勢力争いに

巻き込まれ、徳川時代は井伊直政

に治められ、大河ドラマ関連で

訪れる人も多くなった事でしょう。

大河ドラマが始まるとその国(場所)

は行ってみたいですが、外した方が

無難でしょう。ドラマが終わってから

ゆっくり見学しましょう。

今年は鹿児島が混むでしょう!

Minowa2

大きな土橋も今は、眺めのいい

散歩道です。

登ってくると運動にもなるし

近くに城跡のある生活も

うらやましいです。

箕輪城(高崎市)

FUJI X-10

| | コメント (0)

2018年4月15日 (日)

まだまだ知らないことが

Daiba1r35

天気予報は大荒れでしたが、午後からは

晴れ間も見えてきました。

続100名城の一つ、品川台場を

訪れました。

以前は船の科学館ぐらいしかなかった

ような記憶ですが、30年以上も前で

現在の景色とは隔世の感があります。

Rikenon 35mm f2.8(PK)

Daiba2r35

砲台跡とレインボーブリッジ

いつの時代の砲台かはわかりません

でしたが、意外と小さいと感じました。

この組み合わせ意外と合います。

Rikenon 35mm

Daiba3q135

第三台場とレインボーブリッジ

徒歩や自転車でレインボーブリッジ

が渡れるのを初めてしりました。

やはり訪れないと知らない事

がまだまだある事が判りました。

Quinar 135mm f2.8(EX)

| | コメント (0)

«世界遺産に、、、